2016年02月09日

札幌のオシャレなレンガ積み  ルノーエクスプレス

P1000722.JPG
ルノーエクスプレス  274150km

今年の冬は雪も少なく、暖かいのですが何かおかしいです?
前回の続きで、レンガのお話をいたします。
レンガ、レンガ積みの美しさはその目地で決まると言っても
過言ではありません、いろいろと種類のあるレンガ、色や
ひとつの大きさなど、国内物やオーストラリアやヨーロッパ
物などでも違いますが、レンガは粘土を焼いて作りますので
基本は粘土の種類(産地)と焼き方で色の出方が変わります。

また、同じ種類でも焼き窯の中の火の当たり方で微妙に一個
一個の個体の色に違いが出て参ります。 そこが good!
いっぱい積みますと、これがとてもイイ表情になるという訳
です。そこで!そこで!この味わいある表情は職人が一個
一個を積む時の、モルタル目地の取り方で決まってきます。
目地の均一さ、モルタルの砂、セメントの配合、硬化時間を
考えた水の加え方、レンガを置いた時の目地モルタルのはみ
出し具合などなど、全てが職人の腕次第なのです。
CIMG7737.JPG IMG_2617 2.JPG
モルタルをコテで敷いたら、レンガを乗せて、コテの握りの
後ろでコン・コン・とたたいて、レンガを圧着、リズミカル
に左手で持つレンガと右手のコテさばきで、均一な目地で積
み上げられるレンガは、ある意味 芸術 かも知れません。
CIMG7766.JPG IMG_1693 (2).JPG
P1010052 3.JPG IMG_5615.JPG
ピザ窯や、テラスの階段にもレンガ 
CIMG4173.JPG IMG_9418.JPG 

こちらはレンガに似たミニブロックです。
CIMG7864.JPG 
こちらは、アンティークレンガの角柱と塀、アイアン
のフェンスといった BEST COLLABORATIONS
IMG_7706.JPG
緑と相性はバツグン!年々味が出てきて緑と融け込んで
一体となり、ある意味で身近な自然との融合です。

ニュースです!私のゴト車 エクスプレスがある雑誌の
取材を受けることになりそうです。後日報告いたします。

 
posted by Blumen-Garten at 20:03 | Comment(0) | Blumen Diary