2020年01月16日

2020年 ガーデン屋さんの仕事 

P1090472.JPG
ルノーエクスプレス  338.693Km

新年明けまして、おめでとうございます。
年末年始は、ゆっくり休まさせて頂きました。
一年あっという間でしたが、2020年始まりの1月
P1090459.jpg
  (うちのオリジナルカレンダーです)

今年も、ガーデン屋として恥じないガーデン屋の仕事
をして参りますよ〜っと・・・

只今エクステリアCADのコンテストに応募する図面
に連日スタッフとガンバッテおります。
提出前なので、ちょっとここではお見せ出来ませんが
発表後、アップいたします。

昨年は12月年末ぎりぎりまで、昔のお客さんから
カーポートにサイドパネルの取付け依頼で大工さんに
ガンバッテもらいました。
P1090387.JPG
こちらの17〜18年前に施工したカーポートに
こんな感じで、両サイド木製パネルを取り付けました。
P1090440.JPG P1090442.JPG
春には、前側に連結してもう一台カーポートと既存の
カーポートお手入れ塗装のご依頼頂いてます。
こんなこと出来るのも、木製だからですし味もでますね

こちらは久々に、限られたスペースにカーポートと花壇
もう一台車スペース、アプローチ、テラス、芝生等などなど
盛りだくさん・・ですが、雰囲気良くまとめてみました。
春には木を植えます。少しプライバシーの確保とリビングか
ら四季を感じれる景観にと、さらに良くなります。
<P1090408.JPG P1090407.JPG
P1090409.JPG P1090405.JPG
P1090410.JPG

パエリアとカーポート、計ったように先に仕上げた
駐車スペースに、床の絵柄に会わせてカーポートを!
実はプランの時から、後で建てる予定をお伺いしていま
した。
P1090250.JPG P1090273.JPG

相変わらず、ブルーメンの味を出した仕事で
見ただけで、ウチで施工したことがわかるような
よそにまね出来ない、付加価値いっぱいの仕事で
今年も、そんなガーデンを作りますよ〜!
それには、奥が深〜いこの仕事、調べる、教わる
を何十年やっても忘れず、日々の勉強の積み重ね
あるのみの気持ちで、ガンバリます。
お客さまも、私も作り手も、工事中を見てる方も
仕上がりが楽しみになる様な仕事をしなきゃね!
ガーデン造りですので・・・では


posted by Blumen-Garten at 20:00 | Comment(0) | Blumen Diary

2019年11月27日

ガレージとガーデン ガーデン屋さんの仕事(札幌編)

P1090411.JPG
ルノーエクスプレス 337.500Km

あっと言う間に今年も終わりそうなぐらい早い毎日
工事も最終ラップに入っています。
大工さんチームと冬囲いチーム がんばっています。
ガレージの屋根がやっと出来ました。
P1090377.JPG

五角形のレンガ腰壁のキャビンも屋根の板金がやっと終わ
りました。お客さんの飾り付けがこれまたgoodです。
お庭好きの方は、感性が違います。センスがちがいますね!
P1090252.JPG P1090254.JPG

こちらはガーデンハウスです。ご自宅からウっドデッキを
渡って、コテージ感覚・・
室内もアラジンのブルーフレームがあったり、布製の
ディレクターチェアもリビングでは味わえない、コテージ
やはなれ と言った・・まさに空間でしょうか・・
P1090211.JPG P1090216.JPG
P1090218.JPG P1090226.JPG

こちらは動物病院の駐車場です。
横に除雪機の置き場も造りました。
P1090258.JPG P1090259.JPG 
板厚44mmの本物の板ログは、かなりガッチリして窓や
ドアはペアガラス入りです。ログって感じです。

お庭の工事は、塀を造ったり、フェンス立てたり、マキ棚
を作ったり、レンガを丸く敷いたり、張り芝張ったりの
ガーデン屋さんの仕事が続きます。
P1090271.JPG P1090370.JPG

P1080985.JPG P1080993.JPG

P1090032.JPG P1090112.JPG

P1090208.JPG
最後は マキ棚です。薪ストーブの炎を見てると時間が
止まるように、暖かみと安堵感 同時に・・来ますか
あこがれです。 ストーブ





posted by Blumen-Garten at 16:25 | Comment(0) | Blumen Diary

2019年10月15日

エクステリアとガーデン ガーデン屋さんの仕事

P1080768.JPG
ルノーエクスプレス   335.000km

ゴト車のエクスプレスですが、簾舞の現場へ移動中に水温計
の針が120℃ぐらいまで上がったので、ボンネット空けて
見たら・・どうも電動ファンが廻っていないようで・・
さてと・・とりあえず・・だましだまし移動・・修理へ
という事で、ここ2週間程キャンター(トラック)です。

さてと現場は、ガーデンハウスやガレージとプラスお庭と
言った仕事が続いています。
P1090048.JPG P1090123.JPG
P1090120.JPG

P1090089.JPG P1090107.JPG

久々に札幌軟石組んで、張り芝しました。樹木は来期です
う〜〜ん、何か味わいがあります。
やっぱり、自然な石や緑は視覚からリラクゼーションです。
庭って、やっぱり肩の力がふ〜っと自然にぬける ような
そんな空間ですかね・・・
P1090072.JPG P1090079.JPG

ガーデンハウスもう一棟建てています。輸入物の板厚が
44mmの本物の板ログのログハウスです。前にウッドデッ
キが付きます。
木のモノは数年後お手入れが必要になりますが、お手入れ
するごとに深い味わいになりますし、愛着も出ます。
やっぱり人工的なモノより本物の木にはかないませんね・・
今度、中の写真もお見せしますね。
P1090092.JPG
次で完成写真アップいたします。  では

posted by Blumen-Garten at 21:06 | Comment(0) | Blumen Diary

2019年09月11日

ガーデン&エクステリア ガーデン屋さんの仕事

P1080760.JPG P1080771.jpg
ルノーエクスプレス  333.335Km

このクルマのスゴイ!ところ、こんなに長いモノも!・・・
ついこの間から、走行距離にオール3が並んだらパチリと写真
と思っていたのに、朝のいそがしさで気が付いたら、遅し・・
走行中に 333.333kmから写真撮るまで200m進んで
しまった〜のです。(本人以外は大したことではありませんが)
残念!ザンネン!

前回のリ・ガーデンの完成、こんな感じに
P1080725.JPG P1080728.JPG

同業の集まりで今回は剪定の講習会に参加しました。
お手入れすることに意義がり、愛着もって育てると心も豊か
になるような・・
木のお手入れと言えば、剪定ですが・・・勉強になりました
IMG_0242.jpg IMG_0235.JPG

最近、キャビンにガーデンハウスといった箱ものが続きます
どちらも、こだわりのお庭ならではの存在感ありながらも
お庭にとけ込み、一体感となることが大切です。
1+1=2 じゃなくて 1X1=1 そう何かが増えても
ひとつの空間、ひとつのお庭としてのバランス、調和するこ
とが大切なんですね
P1080769.JPG P1080885.JPG

P1080913.JPG P1080914.JPG

腰壁がレンガ積み、ここにお客様が骨董市で入手された
アンティークなステンドグラスのこだわりの窓が入ります。
P1080772.JPG
次回でまた、完成した写真アップいたします。
ガーデンハウスは板厚44mmの本物の板ログです

毎年参加してますフランス車だけのイベントに行って来ました
P1080859.JPG P1080836.JPG

こんなスゴイのも来てました
P1080786.JPG P1080816.JPG




posted by Blumen-Garten at 20:54 | Comment(0) | Blumen Diary

2019年08月16日

札幌のガーデン屋さん GARDEN屋さんの仕事

P1080722.JPG
ルノーエクスプレス   332.220Km

P1080570.JPG
私のゴト車のエクスプレスですが、なんとなんと!!
長さ1800のコンパネがする〜っと入っちゃいます。
助手席までなら、2700の長い材料も入ってしまう
のです。
もっと長くても積めます。秘密の屋根から出して・・
とにかく、仕事に徹したフランスのゴト車です。

前回完成間近の現場はこんな感じに、植栽も入って
ガレージの電動シャッターのセットも終えて完了です。
P1080527.JPG P1080519.JPG
P1080513.JPG P1080514.JPG
P1080521.JPG P1080512.JPG
P1080527.JPG P1080511.JPG

昨年完成したレンガ積みの花壇のお客さん、ちょっと
通りがかりましたら、お花がいっぱいでした。
平岡の街並は皆さん、お庭がキレイです。
P1080646.JPG

只今、21〜22年前に当社でお庭を施工しました
お客様のリガーデン工事をしています。
もうすぐ完成です。乱形の黄色い自然石が馴染みながら
経年変化した味わいあるお庭の雰囲気を壊さずにキレイ
になって参ります。
今月、来月は10年〜21年前に施工したお客さんから
のリガーデンの仕事で多いです。
P1080542.JPG P1080557.JPG
P1080638.JPG
続きは次回、完成写真で 

こちらはお盆休み前に、完成しました木製のオリジナル
フェンスです。
もちろん、塗装のホワイトはサドリンです。
うちのお客さんはお手入れのことも、ご理解頂いて
本物の木を選択されます。
P1080654.JPG P1080649.JPG

最近のメンテナンスがいらないとうたってるフェンス等は
20年経つとどうなってるんでしょうね?(現存経年無し)
お手入れのいらない永久に形の変わらないモノって有るん
でしょうかね??? 疑問???
私なら、たまにお手入れして愛着出てくるぐらいの味わい
ある方が・・・いいかな・・モノを大切にする気持ちも生
まれてくるし、子供もそれを見て少しは何か感じるのでは
そう、あまりに便利って・・心が豊かになるかと言うと
どうかな? 今の世の中見てると・・・??
庭って、心和む空間なんだけどな〜本当は・・・



posted by Blumen-Garten at 19:26 | Comment(0) | Blumen Diary